複式慕記

漫画本棚の記録。ご案内は「本棚の目録・リンク」より。Twitter:やっさん(@rare_and_baked)

本棚【村】

f:id:comic-bookkeeping:20180509221712j:plain

(写真はH30.5.9付)

・H30.5.13仕訳『たのしいたのししま(講談社)』大沖を【村】の棚に追加

・H30.5.13仕訳『みくまりの谷深(KADOKAWA)』小川幸辰を【村】の棚に追加

〈摘要〉所感

閉鎖的な場所でよく起こること。どの作品も観察眼が鋭い。見聞きしたのだろうか。

ものの感想に「救いようのなさ」と言うが、この場合、救うとはどういうことだろう。二番底三番底四番底、ただやる瀬ないだけに終わらないのが漫画の救いだと思う。描かれてある分には底がある。

この分野は松田洋子が凄い。読む漫画みんな切ない。入魂の作品群。

『たのしいたのししま』は村長が8才。のどかだな。

行ったことのない場所には、知るよしもない事情がある。